選定作業は大事|せっかくなら美味しいお水を|頼もしい浄水器

せっかくなら美味しいお水を|頼もしい浄水器

飲料

選定作業は大事

水

どれを選ぶべきか

水を買って利用することが浸透してきた時代になっていますが、コストを考えた場合には、家で水道水からおいしい水が出れば、水を買う必要はありません。そういったニーズを受け、各社から浄水器が発売されているものの、消費者から見ると、たくさんある種類の浄水器から、どれを選べばよいかわからないものです。各社の謳い文句を見ると、どれもよい性能があると解説されており、実際に飲み比べることもできないため、判断に困るのです。そういった時に注目すべきことは、濾過フィルターの性能を見ることが重要で、どれくらいの小さな物質まで除去できるかに注目をすることです。一般に浄水器の能力を伝えるためには、除去可能物質を掲載していることが普通であり、この情報を確認することです。

ROなら失敗無し

現在の浄水器の最も精度が高いものに、RO水を作ることができるタイプのものがあります。RO水とは、純水に近いレベルの水であり、逆浸透膜という濾過膜を使用して、濾過をしています。カルキ臭、カビ臭といった水をまずくする原因物質を除去できることから、水道局の水処理レベルに影響されることがないのです。比較的性能の高い濾過膜を使用している浄水器の場合、膜の交換が必要になった時の作業が難しい、というものもありました。しかし、最近では、こうした継続使用に関するケアも技術的に向上しており、簡単にできるものもあります。このような情報は、各社の宣伝広告はもちろん、口コミ情報からも知ることができるようになっており、ネット検索が便利です。